フリークーリングチラー
エコハイブリッド FCC(空冷)
外気を最大限に活用し、年間消費電力の大幅な節電を実現

FCC15B[屋外設置専用]

冷卻能力
(50/60Hz)
37kW
使用周囲溫度範囲
-20 ~ 45℃
使用液溫度範囲
5 ~ 35℃
溫度制御精度
±1.0℃
  • 自然のエネルギーを最大限利用し、
    大幅な省エネを実現
  • -20℃の環境下でも使用可能
  • モジュールチラーとして、
    最大 10 連結 (150HP) まで設置が可能
FCC15B
FCC15B
  • 「オリオンエコハイブリッド」は當社の
    登録商標です。
四季の気候を利用し、年間消費電力を最大約72%節電

日本の四季で冬季から中間期にかけて外気溫が低い時期は、フリークーリングがメインで冷卻を行うため、年間消費電力の大幅な節電が可能になります。

消費電力比較
自然エネルギーを最大限利用し、大幅な省エネを実現!

冬季は、外気溫が低いのでフリークーリングのみで冷卻を行います。外気溫とエコハイブリッドの出口水溫が同程度の中間期は、フリークーリングがメインで冷卻を行い、フリークーリングの冷卻の能力が不足した場合にはチラーが冷卻を補います。フリークーリングを積極的に活用することで、消費電力を抑えることができるので省エネになります。

FCC運転狀態(イメージ)
FCC運転狀態
外気溫に応じた3つの運転モード
外気溫に応じた3つの運転モード

外気溫に応じて3つの運転モードを自動で切り替え、外気を最大限活用して消費電力を削減します。

省エネ試算例
省エネ試算例

お客様の使用環境?條件に合わせた省エネ試算を行います

ご検討時にぜひお問い合わせをお願いします。
赤枠內の條件を販売窓口までご連絡いただきますようにお願いいたします。

  • 比較対象はオリオンインバータチラーとなります。
  • 他社製チラーの場合は、定格冷卻能力と定格消費電力をお知らせください。

モジュールチラーとして最大10連結設置が可能(150HP)

水槽の均圧管構造採用により、連結設置を可能にしました。(現地施工による均圧管が必要です。詳細はご相談ください。)

最大10連結設置
連結機能
連結機能についての詳しい説明はここをクリック!クリックボタン
屋外設置をサポートする堅牢仕様
使用周囲溫度範囲を-20~45℃

フリークーリングによる冷卻にブライン間接冷卻方式を採用し、より寒い地域でも使えるようになりました。

*機外の冷水配管には、保溫?斷熱処理が必要です。また、本製品の「凍結防止運転」の設定を「有」にしてください。本製品の電源を切り、長期保管される場合は、必ず本製品の冷水回路及び機外冷水配管內から水を抜いてください。

液溫設定範囲は5~35℃

幅広い用途にお使いいただけます。

粉體塗裝

外裝に粉體塗裝を採用し、高い被覆性と塗膜性能で耐蝕性を高めました。

積雪地域、寒冷地でのチラー保護

寒冷地、積雪地域でも安心してご使用いただけます。

防雪フード(オプション)

冬季、積雪地における屋外設置では、雪解け水がチラー機內の熱交換器のファンの間に侵入し、凍結して熱交換器の破損の原因になる恐れがあります。防雪フードの設置により、積雪地域の屋外においても安心してご使用頂けます。
品番03110847010

防風雪板(オプション)

強風により異物衝突による外気熱交換器の損傷防止、寒冷地での強風による過冷卻防止を目的としております。
品番03110846010(片側)/03110846020(両側)

オプション

用途

中溫で大きな省エネ効果

粉砕機

粉砕機
ジャケット冷卻

洗浄機

洗浄機
炭化水素系、トリクレン洗浄機、各種溶剤の蒸留再生、回収用途

樹脂成形機

樹脂成形機
成形後の金型冷卻
(成形後の樹脂硬化の促進)

レーザー加工機

レーザー加工機
(ファイバー?CO2?YAG)
発振器、光學系回路の冷卻

印刷機(DI)

印刷機(DI)
UV照射器の冷卻、
冷卻ステージの冷卻、インク溫調

高周波誘導加熱裝置

高周波誘導加熱裝置
加熱コイルの冷卻
高周波電源の冷卻

その他用途事例につきましては、別ページにてご用意させて頂いております。
ぜひ御覧ください。

仕様

型式 FCC15B
性能 冷卻能力※1 kW 37
使用周囲溫度範囲※7※8 -20~45
設定液溫範囲 5~35
制御精度※4 ±1.0℃
電気特性 電源※2 V(Hz) 3相200±10%(50/60)、220±10%(60)
消費電力※1 kW 14.4
電流※1 A 47
電源容量※3 kVA 19.5
裝置細目 冷凍用圧縮機出力 kW 7.46(インバータ駆動)
凝縮器(冷媒用) フィンアンドチューブ型強制空冷式
冷卻器(ファンクーラ熱交換器) フィンアンドチューブ型強制空冷式
冷卻器?構造 / 材質 プレート式熱交換器 / SUS316(ブレージング:Cu)
圧送ポンプ?出力 kW 2.10(インバータ駆動)
循環ポンプ?出力 kW 1.26(インバータ駆動)
ファンモータ?出力 kW 2.00(インバータ駆動)
冷媒 R410A
水槽実容量※5 L 約60
外形寸法(高さ×奧行×幅) mm 2392×1100×1300
製品質量(水槽空) kg 680
高圧ガス保安法法的手続要否 1~4臺:不要、5~10臺:場合により要※9
  1. 冷水溫度20℃、周囲溫度32℃、冷水圧力0.5MPa、冷水流量使用最低循環量での運転時。冷卻能力は表示能力の-5%以上です。
  2. 電源電圧の相間アンバランスは、±3%以內としてください。
  3. 仕様範囲內における最大運転電流時。
  4. 現在の負荷±10%以內の狀態が継続し、かつ周囲溫度?電源等が安定し、冷水流量が80L/min以上の場合。ただし、下記の場合を除きます。
    ①圧縮機が起動してから約4分以內(溫度制御は、圧縮機が起動してから約4分後に開始となります。)
    ②冷卻負荷が小さく圧縮機がON/OFFする場合や加熱膨張弁が全閉から開、または開から全閉になる切替りの時。
    ③現在の負荷±10%以上の負荷変動があるときやモード移行時の時。この時、±3.0℃になります。
    ④設定水溫を変更したとき。
    ⑤モード3(フリークーリング時) = ±2.0℃
  5. 液面計のF位置
  6. 製品の水圧計は、製品冷水出口の水圧を示します。また、圧送ポンプの全揚程は、製品內損失水頭を含むため製品冷水出口の揚程を示します。
  7. 保存溫度を含みます。
  8. 冷水回路に凍結なきこと。
  9. 製品を連結して使用する場合は、全臺數の合計法定冷凍トンを1臺として考える都道府県があります。その場合、高圧ガス保安法第五條二項二號について、法定冷凍トンが20トン以上の場合、各都道府県への屆出が必要となります。各機を別々に扱うか、連結臺數全體を1臺として扱うか各都道府県へご確認の上、屆出の要否判斷をお願いします。
  1. 使用出來る液體(冷水)は、清水(注1)及び濃度管理された工業用エチレングリコール水溶液です(30~40wt%)。但し、工業用エチレングリコール水溶液使用時の場合、冷卻能力が低下するためご注意願います。また、純水の場合は電気伝導率1μS/cm 以上としてください。指定外の液體を使用すると製品が破損し、液體が漏れ、感電?漏電の原因となります。
  2. 冷水の接液部にアルミ材は使用しないでください。アルミ材の腐食により、冷水回路が詰り、故障の原因となります。
  • オプション部品は全て付屬品ではなく別売品となります。必要に応じて、別途ご注文をお願いします。

三編構成で分かるフリークーリングチラー FCC15B

FCC15B 特長紹介編
FCC15B 機能紹介編
FCC15B 特注対応紹介編