溫度検査用語集

ア行

ISO

International Organization of Standardizationの略。工業標準の國際規格を策定する目的で1947年に設立された非政府組織の國際機関?,F在147カ國の標準化機関で構成されており本部はスイスのジュネーブにある。

IP試験

電気機械器具の外郭による保護等級試験のことで、略稱:IP(International Protection)。電気機械器具の外郭への異物、ホコリや水に対する保護等級である。試験評価は保護等級により標準化された試験方法によって実施する。

アスペクト比

縦橫比(たてよこひ)のこと。主としてダクトの吹出し口、吸込みのグリル枠または長方形ダクトの枠の長辺と短辺の比をいう。

圧縮試験

試験片に圧縮荷重を加えて応力やひずみを測定し、機械的性質、変形抵抗を調べる試験。木、コンクリートや鋳鉄などのもろい材料は破壊するまで試験し、その圧縮強さを測定する。

圧力計

液體または気體の圧力を測定する計器のこと。

暗騒音

ある場所において特定の音を対象として考える場合に、対象の音がない時のその場所における騒音を、対象の音に対して暗騒音という。ホールやスタジオなどの施設において、空調設備の騒音を検討する場合は、人がいない狀態で、空調設備を停止した時の騒音をいう。暗騒音は、外部から侵入する騒音や空調設備以外の內部発生騒音などである。dB(A)で表示される。

ECU

エンジンコントロールユニット(Engine Control Unit)の略稱。エンジンの運転を電子制御された補助裝置を用いて行う際に、総合的に制御するマイクロコントローラをいう。車の頭脳ともいうべき重要部品で今日ハイブリッド車の出現により高度化している。弊社の溫度検査裝置は車の信頼性向上のために、コンパクト縦型溫度検査裝置や溫度試験裝置が多くの自動車工場?エンジン工場や研究?開発センターに設備されている。

EPS

電気式パワーステアリング(Electric Power Steering)の略稱。ステアリングのアシストに油圧ではなく電気モータを利用する技術で、燃費が向上し、制御の自由度も高くなるというメリットがある。車両全體の電子制御化が進展していることから、ここにきてさらに急速に普及して來ている。この開発?研究の溫度試験に、また生産ライン上での全數溫度検査に弊社の溫度検査裝置が導入されている。電気式の他に油圧式パワーステアリングもある。

醫薬品

病気の診斷?治療?予防をするために、品質?有効性、安全性を調査し厚生労働大臣や都道府県知事が認めたものをさす。開発?生産?使用などについては薬事法により規制を受ける。

醫薬部外品

薬事法に基づき醫薬品と區別されている。人體に対する作用が緩やかな薬品で、醫薬品と化粧品の中間的位置に分類される。歯みがき、スプレー式殺蟲剤、蚊取り線香、日焼け止めクリームなどが相當する。

インターフェイス

インターフェイスとは、物と物との接合點や境界面を意味する。弊社では、通信を行う際の物理的なコネクタ形狀や、信號の送受信の方法などを決めたものを示しており、弊社の製品にもよるが、例えば、精密空調機PAPシリーズは外部通信機能として、パソコンから運転操作や溫度制御狀態確認などケーブル1本で手軽に接続可能で、RS232C、RS422A、RS485の3種類の通信機能を標準裝備。溫度試験裝置においても同様に対応可能。

ウィスカ

ウィスカ(Whisker)とは、メッキ皮膜表面に発生するヒゲ狀の金屬結晶のこと。これが原因となり、隣接する配線が短絡したりすると、信號不良が発生し電子機器が正常に動作しなくなることがある。

HFC冷媒

オゾン層破壊係數が少ない冷媒。

エージング試験

一定の溫度のもとで検査する機器に定電流の負荷を長時間加えながら放置し、その後の動作を確認する試験。

エージングルーム

長時間、一定溫度に保ちながら定負荷をかける構造を有した設備のこと。

ABS

アンチロック?ブレーキ?システム(Antilock Brake System)の略稱です。ABSとは急ブレーキあるいは低摩擦路でのブレーキ操作で、車輪のロックによる滑走発生を低減する裝置のこと。アンチロック?ブレーキング?システムとも呼ばれる。人身を護るためにこのシステムを正確に作動させる必要がある。弊社のインライン型溫度検査裝置はこの信頼性試験に多く導入されている。

液槽熱衝撃試験

液體を媒體とした熱衝撃試験。高溫と低溫の液體に交互に浸漬させ熱衝撃を與える。始めから目的溫度に至っている液體に漬けるので、試験範囲內に空気溫度を調整する気槽熱衝撃試験に比べて急激な溫度変化を與えられる。

エッチング

エッチング(etching)とは、化學薬品などの腐食作用を利用して塑形または表面加工する技法のこと。使用する素材表面の必要部分にのみ防食処理を施し、腐食剤によって不要部分を溶解侵食、食刻させ目的形狀のものにする。

FDA

アメリカ食品醫薬品局の略稱:FDA(Food and Drug Administration)。
有害食品?有害薬品、化粧品醫療機器、玩具などの消費者が通常の生活に接する機會のある製品について調査や摘発を行う政府付屬機関。

エリミネーター

空気調和機や冷卻塔において空気の流れに隨伴する水滴の飛散を防ぎ、液滴を除去する裝置。普通、鉄板や樹脂成形板などでジグザグに折って並べた構造で水滴の慣性力を利用して分離する。

エンジンベンチテスト

エンジンだけを始動させて耐久性や性能試験する。振動、排気効率や燃費も計測する。弊社精密空調機器(PAPシリーズ)も自動車メーカーはもとよりトラクターなどの農業用ディーゼルエンジンのベンチテストなど多くのエンジン開発に設備されている。

溫濕度制御範囲

槽內(チャンバー)で再現が可能な溫度濕度範囲のこと。溫度濕度の制御可能な範囲を縦軸に濕度、橫軸に溫度を取り、斜線で表した図がカタログや仕様表によく使われる。

溫度サイクル試験

高溫と低溫の雰囲気に部品や製品を短時間のうちに交互にさらす試験のこと。溫度変化をかけることで膨張と収縮のストレスを繰り返し與え、亀裂やはがれなど疲労的破壊を調べる。

溫度濕度サイクル試験

高溫と低溫の溫度差を繰り返し與えることにより、溫度変化および濕度変化に対する耐久性を短時間で評価する試験。

溫度設定範囲

槽內(チャンバー)で再現が可能な溫度範囲のこと。

溫度センサー

チャンバー內の溫度?外気溫?冷溫水などの溫度を検出し、制御や計測に使いやすい信號に変換する物(感知器)をいう。熱電対?白金測溫抵抗體?サーミスタなどがあるが、弊社の溫度試験裝置では白金測溫抵抗體が多く使われている。

溫度分布

槽の中心の溫度と有効空間內の任意の點における溫度の差をいう。恒溫室のように大きな空間になるとこの差を省エネを追求しながら小さくする工夫がその企業の技術ノウハウとなる。

溫度変化試験

環境試験の中でもよく行われる溫度試験。溫度変化で製品寸法などの物理的性質が変化し動作特性に影響を調べたり、損傷などの恒久的変化を起こすかどうかの耐久性を確認することを目的とした溫度試験で、溫度急変試験(熱衝撃試験)と定速溫度変化試験(溫度サイクル試験)とがある。

カ行

回転燈

裝置に異常が発生した場合、パトカーのようにランプを點滅させて異常を知らせる。

外部警報システム

記録計、遠隔通報裝置などを用いてチャンバーや部屋などの異常を外部に知らせるシステム。

外部警報端子

主に無接點の電圧などで警報システム等に出力される端子。

加濕用水

チャンバーの加濕に用いられる水。弊社では純水を推奨。

カスタマイズ

製品をお客様の注文に合わせて作り変えること。

過熱防止サーモスタット

異常発熱による加熱ヒーターの故障を防ぐ安全裝置。弊社の裝置では、過熱防止サーモが働くと、裝置の運転が停止する。

可変風量制御裝置

ダクトの途中や端末に設置し、変風量方式で給気量の制限をする裝置。

空焚防止サーモスタット

異常発熱による加濕ヒーターの故障を防ぐ安全裝置。弊社の裝置では、空焚防止サーモスタットが働くと、裝置の運転が停止する。

乾球溫度

乾濕溫度計の乾球側の示す溫度(乾いた空気の溫度)。

環境試験

環境試験とは、機器や部品の実際の使用時を想定して行われる模擬試験のこと。一口に環境試験といっても、溫度?濕度?振動?加速度?気圧など様々な試験がある。エレクトロニクス業界で行われている主な溫度?濕度などに関係する環境試験は、低溫試験?高溫試験?高溫高濕試験?溫度サイクル試験?溫度変化試験などがある。

乾濕溫度計

乾球溫度と濕球溫度を測定することにより濕度と溫度とを同時に測定する濕度計。

観測窓

中の試料の様子を見るために取り付けされた観測用の窓。

気槽式熱衝撃試験

空気を媒體とする熱衝撃試験。 試験範囲に高溫空気と低溫空気を交互に送り込んで熱衝撃を與える。

機能性食品

栄養や味ではなく、生體調節機能を強調した食品。食物繊維を入れた飲料など。

給水異常警報

加濕皿に一定時間水が供給されない時の警報。

吸水性

試験片を一定溫度において一定時間蒸留水に浸漬し、その時の重量増加分と元重量との比を百分率で表したもの。また、物體の単位表面積當たりの吸水量で表すこともある。

キュービクル

主回路、捜査回路用機器(変圧器?遮斷機?開閉器?計器類)及び監視制御裝置を內蔵し、組み立てた閉鎖形配電盤。

クーリングタワー

冷凍機のコンデンサー部分に水を入れて巡回させて冷やす裝置。

クリーンルーム

空気清浄度が規定されたレベルに確保された部屋のこと。

クロスフローファン

ファンの一種。徑が比較的小さく橫に長いファンでエアコンに良く使われている。

ケーブル穴

測定用のケーブルなどを通す穴。

結露

空気中に含むことができる水蒸気の量は、溫度が高いほど多く、低いほど少ないので、水蒸気を含んだ空気が冷たい天井、床、壁の表面や內部、ガラス面、配管、ダクトなどに觸れて溫度が低下し、その位置の濕り空気の露點以下になったとき、水蒸気の一部が凝結し、液體(水滴)となる現象をいう。水滴が表面に発生する場合を表面結露、內部に発生する場合を內部結露という。

顕熱

物體の溫度を変えるために使われる熱で相変化を伴わない。

恒溫器

溫度を一定に保持できる器具??諝荬螠囟趣蛞欢à吮¥膜猡韦蛞话愕膜摔いΔ?、水槽の溫度を一定に保つものも含まれる。後者の場合恒溫槽と呼ぶ場合が多い。

恒溫恒濕器

恒溫恒濕(試験)裝置ともいう。庫內に所定の溫度?濕度の環境を作り出し、そこへ試料を入れることができる仕切られた空間(試料室)をもつ試験裝置。

恒溫恒濕槽

內部の溫度濕度を外部の溫度濕度と関係なく長時間一定に保つように制御され、溫濕度サイクル試験などにも対応可能とする溫度試験裝置。

恒溫槽

內部の溫度を外部の溫度と関係なく長時間一定に保つように制御され、溫度サイクル試験などへも対応可能とする溫度試験裝置。

高溫?低溫保存

高溫環境下、または低溫環境下で數時間~數日保存した後に確認を行う。溫度や保存時間は関係規格などを參考に決定する。

高分子

物質の基本的構成単位?;瘜W元素としての特性を失わない最小の微粒子のこと。

コンバータ

交流電力を直流電力に変化する裝置。インバータは交流電流を直流に整流後、さらに任意の周波數の交流に変換する裝置であるが、交流電源を直流へ変換するための整流回路部(整流器)をコンバータと呼ぶ。

サ行

サーマルショック

物體に加わる溫度変化が急激に行われること。材料?材質に疲労劣化を起こすことがある。別名熱衝撃ともいう。

サーミスタ

溫度依存性の高い半導體で、溫度上昇で電気抵抗が著しく減少する特性があるので感溫素子として用いる。熱容量が小さく感度が高い。

サーモエレメント

熱電対ともいう。2種類の金屬線の両端を接著して一方の接點を一定溫度にすると他方の接點の溫度によって起電力が決まる。この方式で起電力を測定することで溫度を測定することができる。

サーモスタット

バイメタルや水銀の膨張などを利用して自動的な一定の溫度を保つ裝置のこと。

シーケンス制御

與えられた手順に従って、機器の発停や種々の制御を行うこと。あらかじめ定められた順序に従って、制御の各段階を逐次進めていく制御。

JTM

日本試験機工業會の略稱。

ジェネリック醫薬品

後発醫薬品。先発醫薬品の特許期限が切れた物などを模倣して製造される醫薬品で、ゾロ製品ともいわれている。

試験槽

ワーク(試料)を入れ溫度試験などを行う容器。

濕球溫度

空気中の相対濕度を求めるために、乾球溫度と合わせて用いられる溫度のこと。

実裝基板環境評価試験

高溫、低溫、溫度サイクル試験を行い、熱疲労によるはんだの劣化を観察する試験。また、ウィスカ確認試験を行うため恒溫恒濕試験を行い、ウィスカの発生を走査型電子顕微鏡(SEM)などで観察し解析する。

実裝プリント基板

ベアボード狀態のプリント基板へ、各種電子部品?デバイスなどを搭載してはんだ付けし、回路として動作できるようにした基板。

濕度計

濕度を計測する機器。

濕度センサー

濕度を計測するセンサーで、濕球センサーよりも精度が高いことが優位點であるが校正を行なう必要がある。

濕度範囲

チャンバー內での制御が可能な濕度範囲のこと。

濕度分布

チャンバー內の濕度の分布。チャンバーメーカーではJTM(日本試験機工業會)のガイドラインを用いて計測をすることが多い。

濕度冷熱衝撃試験

結露サイクル試験のこと。高溫さらし時に濕度を制御し、高溫?高濕雰囲気の環境を繰り返し作り、この時に生じる結露の影響を評価する。

省エネ化

消費電力を減らすこと。弊社の製品には圧縮機にインバータ制御を導入する事により50~70%以上の省エネ化を実現したものもある。

消費電力

裝置?機器において消費された電力のこと

除霜

著裝した霜を強制的に排除すること。一般的にはデフロストとも呼ばれる。

人工気象室

あらゆる気象條件を人工的に作り出す部屋。

振動試験

部品や組立品が実環境の條件にどれだけ耐え得るかを評価するために、振動や衝撃を與える試験。振動試験は、実裝プリント基板や航空機から自動車、家電製品まで、広い範囲のアプリケーションで行われている。

信頼性試験

製品を市場に出す前に各種試験?検査を実施し、信頼度を確認して不具合を直し、信頼性を高めるための試験のこと。

水晶

石英(クォーツ、quartz)の中でも特に無色透明なものを「水晶」と呼ぶ。水晶は、代表的な圧電體であり、圧力が加わると電気が発生する?,F在、水晶の圧電性は水晶発振器として最も活用されており、時計が単に「クォーツ」(水晶の英名)としばしば呼ばれるのは水晶発振器を利用した時計が最も多いからである。

水晶振動子

水晶片に交流電圧をかけることにより共振を起こし、精度の高い周波數を発振する電子部品。 圧電振動子の一種で水晶の圧電現象を利用する発振子の総稱。水晶の単結晶から結晶軸に対して特定の角度で切り出した水晶板は各種の形があるが、いずれもその両面に交流電圧を加えると振動電流を機械的振動に、あるいはその逆に変換することができる。

水晶発信器

水晶は、圧力が加わると電圧が発生し、また電圧が加わるとひずみが生ずるという圧電変換作用をもち、機械的振動子としてはきわめて安定した固有振動をする。切り出した水晶片に極板をつけ、水晶片の種類、形狀?大きさなどで決まる固有振動周波數の電圧を加えると安定した同調回路として動作する。水晶発振器は増幅器の帰還路に水晶振動子を入れた発振回路で、數kHzから數十MHzの周波數で10-6~10-10/℃の優れた溫度特性の発振特性が得られる。

スマートグリッド

スマートグリッド(smart grid)とは、スマートメーター等の通信?制御機能を活用して停電防止や送電調整のほか多様な電力契約の実現や人件費削減等を可能にした電力網のこと。

スマートメーター

スマートグリッドの基盤となる機器がスマートメーター。事業所や一般家庭に設置する端末で使用される電力量の情報を収集する。この環境試験には弊社のインライン型溫度検査槽やコンパクト縦型溫度検査裝置が採用されている。

摂氏溫度

溫度の単位の一つで広く一般的に使われている。水の凝固點(氷點)を0℃、沸點を100℃とし、その間を100等分にした溫度。

絶対溫度

熱力學的に考えられる物質構成粒子んも運動が止まるところを絶対ゼロ(學問上考えられる最低溫度)として、摂氏溫度に目盛をつけた溫度。氷點は絶対溫度で273°K(ケルビン)となる。

絶対濕度

濕り空気に含まれている水分の量と乾き空気の量との重量割合。単位はkg/kg。

絶対零度

セルシウス度(℃)で表すと、-273.15℃。物質における溫度の下限である。

セラミック基板

セラミックを材料とした基板で、セラミック材料は主としてアルミナが使用される。高周波特性や熱伝導率に優れるため、主にSHF、UHF帯のパワー回路で使用されている。

ゼロ負荷抵抗値

測定の総合誤差に比べ、自己発熱による抵抗値変化が無視出來るような十分低い消費電力で、規定溫度で測定した場合のサーミスタの抵抗値のこと。

潛熱

固體から液體へ、液體から気體へ(あるいはその逆)物體が変化するとき、溫度上昇を伴わないで狀態が変化する際に費やされる熱をいう。融解熱?蒸発熱?昇華熱などを総稱して狀態変化の潛熱という。

相対濕度

濕り空気の比重量と飽和空気の比重量との比。または濕り空気中の水蒸気の分圧と同じ溫度における飽和濕り空気中の水分の分圧との比を%で表したもの。一般に濕度とは相対濕度をいうことが多い。

測溫抵抗體

溫度の変化を電気抵抗の変化として測定する溫度センサー。測溫抵抗體の材料は白金、ニッケル、銅などがあり、方式に3導線、4導線がある。

ソルダーレジスト

はんだ付けが必要な部分だけを銅箔として露出し、はんだ付けが不要な部分にははんだが付かないように、プリント板上に形成する熱硬化性エポキシ樹脂皮膜のこと。プリント板製造工程の最終段階で施工される。

タ行

耐荷重仕様

槽內に重量物などを置くため、床面を補強対策した仕様。

耐光試験

光の強制劣化試験のこと。

耐熱性

物質が高溫にさらされる時に物性を維持する性質のこと。

斷熱材

保溫、保冷が目的の熱伝導を抑えるための材料。代表的なものにグラスウールがある。

チャンバー

試験槽のこと??照{建設業界では空調ダクト用の空気室のことを意味し、騒音を吸収するために、また空気の混合?分岐などの目的で設置される。半導體業界では化學的、物理的反応を起こさせるための密封された反応容器のことをいう。

定格電流

インバータが連続的に出力しえる交流最大電流の実効値を示し、どのような場合でもこれを越える電流を連続的に流してはならないことを示す。

定値制御

溫度または溫濕度を一定目標値に保つ制御のこと。

手付け

はんだの工程でいえば、はんだごてを使って「糸はんだ」と呼ばれるはんだで一つ一つのはんだ付けを行うことをいいます。

デフロスト

除霜のこと。

特定保健用食品

保健機能食品の類型の一つで、保健に役立つある種の効能が認められるとして厚生労働省がその表示を許可した食品。

ドライ運転

簡単いえば除濕運転のことである。①家庭用ルームエアコンで室內音溫度を下げないで除濕だけしたい場合に、蒸発器の外側に再熱器を取り付た裝置を使う。一旦室內に空気を冷房して、溫度と濕度を落とし次に再熱熱器で溫度を上げてやると濕度が落ちたことになる。このような本格派は高くつくので一部のメーカーしか製造していない。②多くの場合は、ファンの制御によってドライ運転と同じ効果をあげる“ドライ運転”をとっている。ファンが制御して最低の速度でゆっくり風を送れば、室內溫度は徐々に下がり、同時に濕度もとれる理屈である。

ドラフト

draft。一般に圧力差に起因する空気の流れ。溫風管、煙突、暖房機、室內空間などのなかで起こる空気や気體の流れをいう。暖房機の場合でいえば燃焼高溫排ガスの軽比重と給気側常溫空気の比重の差により生ずる浮力ともいえる。人體にとって不快な感じの気流で、すきま風や冬季窓面からの自然対流冷風などをいうこともある。

トレンドグラフ

傾向、動向を表したグラフのこと。

ナ行

內分泌攪亂化學物質

別名環境ホルモンともいう。環境中に存在する化學物質のうち、生體にホルモン作用を起こしたり逆にホルモン作用を阻害するものをいう。

鉛フリーはんだ

鉛を含まないはんだの総稱。従來のはんだ(いわゆる含鉛はんだ)は電子回路などの基板に電子部品を搭載するために大量に使用されていたが、鉛は人體に有害であるばかりか自然環境に対する悪影響も強いとされ、代替品として、鉛を含まない鉛フリーはんだというはんだが開発され普及している。

ぬれ性

溶けたはんだが金屬の上を広がる狀態をいう。ぬれ性は金屬の種類、フラックスの種類、金屬表面の汚れや粗さの狀態でも変化する。

熱時定數

熱時定數とは、熱的応答性の度合いを表す定數のこと。例えば、測定対象が100℃から0℃に急変したとしても、素子の溫度は急変せず徐々に0℃に変化する。熱時定數とはこの様に素子がある溫度に保持されている狀態から別の溫度に変化するまでの時間を表し、通常は変化率63.2%を標準値として使う。

熱衝撃

物體に加わる溫度変化が急激に行われることにより、材料?材質に疲労劣化を起こすことがある。別名サーマルショックともいう。

熱衝撃試験

溫度急変試験のこと。溫度急変試験は定速溫度変化試験と同様に高溫と低溫を交互にさらすが、その溫度変化は數秒~數十秒以內と急変である。この急激な溫度変化に加え、構成要素ごとの熱容量や熱時定數の違いによるストレスも加わる。電子部品や裝置が周囲溫度の変化にどのくらいの耐性があるかを確認し調査する試験である。

熱電対

2種類の金屬線を接合し、溫度に対応した直流電圧(mv)を発生させる一対の導線(センサー)?;鶞庶cと計計測點との溫度差による熱起電力を発生させる目的でえ2種類の金屬の一端を電気的に接続したもので、起電力を計測することにより、溫度を検出する。金屬線の組み合わせとして白金+白金ロジウム、クロメル+アラメル、クロメル+コンスタンタン、鉄+コンスタンタン、銅+コンスタンタンなどが使われる。

熱伝導率

熱伝導の量日を表すのに用いる率。単位kcal/mh℃。熱量は伝熱面積、溫度差、時間にある比例定數をもって比例し、同じく熱の移動する距離に反比例する。この比例定數をいう。

熱負荷

供試體?ワークから発せられる熱のことをいう。機器側からの視點では負荷といえるので、このように表す。

熱変形溫度

樹脂がある特定の熱負荷を受けた時にどの程度の溫度まで成形品としての形狀を保持できるかの指標となる溫度。

熱膨張

物體の體積が溫度上昇につられて増加する現象。

熱膨張率

溫度の上昇によって物體の長さと體積が膨張する割合を、1K(℃)當たりで示したもの。熱膨張係數ともいう。単位は 1/K 。

燃焼試験

試験片を炎に近づけ、次に炎に入れ、最後に離して、その間の軟化の有無や炎の性狀、燃焼の難易、自消性の有無、燃焼速度、臭いなどを調べる試験。

燃料電池

水素と酸素の化學的な結合反応によって生じるエネルギーにより電力を発生させる裝置のことをいう。この反応により生じる物質は水(水蒸気)だけである。このためクリーンであり、また高い発電効率を有することから地球溫暖化問題の解決策として期待されている?,F在では、燃料電池自動車、家庭用の燃料電池開発など商品化に向けて各企業がしのぎを削っている。

燃料電池自動車

発電裝置として燃料電池を搭載した電気自動車。

伸び率

引張り試験の時、試験片の中心より定められた距離に2本の標線を引いておき、試験片が破斷した時の標線間距離を測定して、元の標線間距離に対しどれだけ伸びたかを百分率で表した値。

ハ行

バーンイン試験

バーンイン試験とは、溫度と電圧の負荷をかけることにより、初期不良を事前に低減させる方法である。スクリーニング試験のなかでも初期不良検出に最も有効な試験の一つ。

排ガス再循環

燃焼排ガスの一部を燃焼用空気に混入して燃焼させ、火炎の最高溫度を低下させることにより窒素酸化物の発生を抑制する技術。

廃プラスチック類

使用後廃棄された各種のプラスチック製品とその製造過程で発生したくずや廃タイヤを含むプラスチックを主成分とする廃棄物。

ハイブリッドIC

ICチップや抵抗、コンデンサなどの電子デバイスを一枚の基板の上にまとめて組み込んだもので、小型電子デバイスを集積して一つのチップとして扱うことできるため小型化や省電力化が可能となる。

ハイブリッド車

エンジンとモータの2つの動力源をもち、それぞれの利點を組合わせて駆動することにより、省エネと低公害を実現する自動車。

白金測溫抵抗體

金屬の電気抵抗が溫度変化に対して変化する性質を利用した「測溫抵抗體」の1種で、溫度特性が良く経時変化が少ないプラチナ(Pt)を測溫素子に用いたセンサー。気象庁の溫度観測にも使われている。

バリデーション

工程や方法を科學的根拠、妥當性をもって設計し、それが所期の目的どおり機能していることを検証すること。

PID制御

比例積分微分動作ともいう。一般にPID動作と言われる制御動作は、比例(Proportionnal)動作に積分(Integral)動作および微分(Derivative)動作を付加した制御動作をいう。比例帯、積分時間および微分時間を適切に設定することにより、オフセットがなく安定した比例制御が行える。

BGA

ICチップの表面実裝タイプで、樹脂、セラミックや金屬でパッケージ方法の一つ。平面のパッケージから小さいボール狀の電極が並んでいるので、パッケージの周囲に電極(ピン)が飛び出していないため、実裝面積が小さくて済むという利點がある。

光觸媒

太陽や蛍光燈などの光の下で、それ自身は変化することなく化學反応を促進させる物質。

引張り弾性率

引張り試験の場合、試験片にDHFや箔ヒズミ計などを取り付け、荷重と標線間伸びとの関係を記録すると曲線が得られる。この関係において最初の直線部分の傾きが引張り弾性(ヤング率)に相當する。

引張り強さ

引張り強さは引張り応力を集させるために中央部を細くしたダンベル形の試験片を用い、両端をつかみ具でつかんで一定速度で引張り、試験片を破斷する。その時の最大負荷荷重を試験片のもとの最小斷面を除した値を表す。

比熱

物質1gあたりの熱容量のこと。

非破壊検査

電子部品や回路基板などを放射線や超音波などを使用して傷つけることなく検査し、製品の安全性や品質を調査する。

比例制御

別名PID制御。

ファンコイル

溫度調節された空気を放出する小型の冷暖房機で、ファン(送風機)?熱交換器?フィルタから構成されている。換気や濕度調整はできない。

フィードバック制御

制御系で出力された制御信號により制御された結果を設定値(目標)と比較して、これを一致させるように訂正動作を行う制御方法。

フィクスチャ

ピンボードを組み込んだ冶具のこと。ピン冶具などとも呼ぶ。

フェロモン

動物の體外に分泌されて、同種の他個體に一定の行動や生理反応などを引き起こす物質の総稱。

複合振動試験

複合振動試験は、製品の輸送および使用環境において受ける溫濕度?振動のストレスに対し、その耐性を評価するための試験である。自動車関連の各種ユニット製品などでは、溫度と濕度に振動を加え複合的な環境での耐久試験が求められている。

復帰時間

天災等のシャットダウン後(停電時)に裝置が復帰し、停電前の性能が戻るまでの時間をいう。

フロー

加熱して溶かした液體狀のはんだが入ってある槽の上をプリント配線基板を流し部品と基板の接合部にはんだ付けする方法。

プローブ

測定試料の特定部位に近付けて、試料の電気的特性や機械的特性を測定する検出器の一部を構成する部品のこと。針(ピン)のような形狀をしているものが多い。

プログラム制御

溫度や圧力などの目標値が、予め定められた時間変化をさせる制御方法のこと。

ペットボトル再生繊維

ペットボトルをリサイクルしてできた化學繊維。

ペルチェ素子

ペルチェ素子(Peltier device)とは、電子部品のひとつで熱電素子の一種。2種類の金屬の接合部に電流を流すと、片方の金屬からもう片方へ熱が移動するというペルチェ効果(Peltier effect)を利用した板狀の半導體素子。

ベルマウス

ガス、液の流體を急速に絞って速度をあげる箇所をベルマウスという。軸流送風機の吸込み口などがベルマウスです。

ベンチテスト

ある設計が正確で妥當であるかを検証するための仮想環境。パイロットプラントテストより規模が小さく、実験室規模で行われるものであるが、半導體業界ではLSI(大規模集積回路)のような回路の動作検証するための「環境」のことをいう。また、自動車業界ではエンジンベントテストと呼ばれ、エンジンだけを始動させ耐久性や性能試験を行い、排気効率、燃費や振動などを計測することをいう。

変風量方式

空調対象に対し、室內熱負荷の変動に応じて、給気量を変動させる全空気式空調方式。

飽和水溶液

ある溫度で水に溶質を溶化した時、それ以上溶けなくなった狀態の溶液。

マ行

曲げ強さ

曲げ強さは試験片を二つの支點で水平に支え、中央部に上から荷重を加えて試験片を折り曲げ、試験片が破斷するまでの最大荷重を読み取って算出する。

水処理薬品

天然の水にはカルシウムや塩化物などが含まれている。これを工場製造設備機器などの産業用水として使用する場合に、機器?配管等を腐食させる要因ともなる。水処理薬品は、こうした水による腐食傷害を防止するために使われる。

ヤ行

薬事法

醫薬品、醫薬部外品、化粧品及び醫療器具の品質、有効性及び安全性の確保を図るため、これらの製造、流通、販売、輸出入などについて必要な規制を行う。保健衛生の向上を図ることを目的とする法律であり、一部を除いて厚生労働省が所管する。

有害化學物質

環境を経由して人または動植物に有害な作用を及ぼす化學物質をさす一般的な総稱である。具體的には、人の健康または動植物の生息?生育に被害を生ずるおそれのある物質として、大気汚染防止法、水質汚濁防止法、化學物質審査規制法、ダイオキシン類対策特別措置法などで指定されたものは有害化學物質といえる。

有害物質

単に有害物質というと極めて幅広い概念であるが、大気汚染防止法では、「物の燃焼、合成、分解その他の処理(機械的処理を除く。)に伴い発生する物質のうち、カドミウム、塩素、フッ化水素、鉛その他の人の健康又は生活環境に係る被害を生ずる恐れがある物質で政令で定めるもの」(第2條第1項第三號、第3條第2項)とされる。政令では例示された物質のほか、カドミウム化合物、塩化水素、フッ素、フッ化ケイ素、鉛化合物、窒素酸化物が指定されている。

有害物質規制法

有害化學物質の製造等の規制に関するアメリカの法律。1976年に制定され、化學物質による人の健康?環境に対する不合理なリスクを規制することを目的とする。

ラ行

ラッキング

主に保溫、保冷の目的でボイラ配管、冷水配管、冷媒配管等に斷熱材で被覆し、アルミ、ステンレス、鋼板+塗裝材等を使って巻き、仕上げること。

リスク管理

現代用語はリスクマネジメント。リスク評価によって判定された環境リスクを低減させるための方策を検討、決定し、実施することをいう。リスク評価の結果を踏まえて、経済社會の情勢や世論等も考慮して総合的に判斷されることになるので、政策判斷を含むプロセスということができる。

リフロー

あらかじめプリント配線基板に「クリームはんだ」と呼ばれるペースト狀のはんだをパターンに合わせて印刷し、そこに部品を実裝する。そして、プリント配線基板へ直接、熱を加えてはんだを溶かし、はんだ付けを行う。

リミッター

電流振幅が一定以上にならないようにする機器のこと。

リモートセンシング

人工衛星や航空機などに載せたセンサー(観測器)を使って、離れたところから対象物を捉える技術。リモートセンシングで得られたデータ(畫像)を的確に判読?解析するためには、できるだけ多くの地點で現地調査を行い、現実が畫像にどのように記録されるかという知見を集積し、精度を高めていくことが必要である。

冷卻器

液體を加熱して気化させ、これを再び液化するために用いる器具。

冷凍能力

冷凍機で物體を冷卻する能力。多くは単位は冷凍トンで表す。

ロット生産

ロット生産とは、品種ごとに生産量をまとめて複數製品を交互に生産する方式。生産量は連続生産と比較して多くないため、一定數量をロットとしてまとめて、定期的に流していく生産方式である。連続生産するほどの需要は見込めないとしても、個別生産で対応できるほど數量が少なくないといったケースに採用される生産方式ともいえる。

ワ行

ワーク

各業界での呼び名は違うが、供試體、試験體、試料などと呼ばれる。